視覚的アプローチが最高なカタログスタンドと広告~なるほどアドテク

旗

色々ある幕制作

旗

見る人に上手いアプローチをするために用いられるものに幕があるだろう。看板でありながら布やシートという特性を活かして、大きなサイズで制作することが出来る特徴を持っているのが最大の魅力である。幕には幾つか種類があり、最も一般的に知られているものに横断幕がある。横断幕は名前の通りまるで横断するかのように横に長い幕の事を指し、どちらかと言うと大型幕に分類される幕になる。横断幕にも様々な形があり、例えばクラブ活動やスポーツチームの応援に用いられる事が多くあるだろう。こういった応援を目的にする横断幕はフルカラーでプリントアウトされているケースが多く、チーム名がデカデカとあり時には人物の顔などがプリントされることもある。横断幕の素材は布かシート状のものが殆どで、専用の印刷機を使用すると簡単にプリントすることが可能だ。大きさがあるため価格も高いとイメージしてしまいがちだが、実は製造コストはそこまで高くなく、1万円から2万円程度で用意することが出来るだろう。横断幕よりも更に大きな幕になると巨大幕やイベント幕などと呼ばれ、大きなビルなどに上から垂らしたり、また横に貼り付けたりすることもある。最低でも長さが3m以上はあり、大きさがあるため風などの抵抗を逃がすために表面に小さな切れ目が入っている事もある。こういった巨大幕は大きな企業やショッピングセンター、また公共機関などで用いられることがあり、横断幕よりも更にインパクトを与えることが出来るだろう。
横断幕よりも小さな幕になると垂れ幕やタペストリーと呼ばれることがある。主に人の身長程度の長さがあり、飲食店の玄関先などに縦に貼り付けたりするために用いられる事が多い。主に商品の広告をするために用いられるためプリントアウトされる内容も商品だったり、またキャンペーン情報が記載された内容が約半分を占める。地上に接地させて設置することもあるため簡易的な構造になっていて、ハトメが無いタイプも多く存在する。のれんのようにパイプを通すタイプだと自立して設置できることも多く、軒先に置いたり、また野外キャンペーンで錘を載せて簡易看板として用いることもある。このように幕といっても実はいろいろな種類があり、まだまだフラッグやのぼり旗や祝幕などの種類もある。状況や目的に合わせて使い分けるのが大切で、いずれもそれほど高くない金額で手に入れることができる。